サラリーマンの誇りと埃 | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

サラリーマンの誇りと埃

ついに相沢もサラリーマンを辞めて独立するのか?
僕の本音を公開します。
 
 
前回までのお話はこちら。
 
 
 
 
 
◆ サラリーマンを続けるのか?独立するのか?
 
今までサラリーマンの僕が、サラリーマンのデメリット・リスク、
そして現状をいろいろと語ってきた。
 
だからこそ伝えたいメッセージがある。
 
 
 
 
確かに僕たちの働く環境は過酷を極めている。
バブル時代に戻ることができたら、どんなに楽しいだろう・・。
バブル時代を経験した先輩から聞かされる華やかな世界とは
真逆の節約生活があるからだ。
 
 
 
 
「このままこの会社に残っても先が思いやられるな。。」
そんなことを考えだしたとき、
タイミングよく目に飛び込んでくるのが、
「起業して成功した男の物語」。
 
なるほど、自分でビジネスを持って独立・起業か。
 
 
リスクはもちろんあるけど、自分の好きなように仕事ができるし、
収入は青天井だ。
 
「たった一度の人生・・。よーし、会社やめて独立するか!」
 
 
 
 
 
こんなことを考えたこと、あなたも1度はあるはずだ。
 
何を隠そう、僕は何度も何度もある。
そして実際に実行直前までいったことも。
 
 
 
 
そんな
「未遂事件を起こした先輩」
の僕から一言アドバイスだ!
 
 
 
 
「今サラリーマンを辞めるべきじゃない」
 
 
なぜなら、サラリーマン時代の苦労とは比較にならないほどの
苦労が待ち構えているからね。
 
 
 
 
 
 
 
◆ サラリーマンの誇りと埃
 
あなたが、
「会社を辞めて独立するか・・」って思った、思えたってことは、
仕事が出来る優秀なサラリーマンだってこと。
 
ただし、この「優秀なサラリーマン」ほどタチが悪かったりする。
 
 
例えばトップセールスマンのAさん。
「僕は全国展開している一部上場企業で、毎年トップセールスマン
として表彰されているんですよ!売上なんて年間10億円を
下ったことがないんですから!今の10分の1売るだけでも
1億円でしょ。今の顧客もずっと僕と取引したいって言ってくれているし。」
 
 
 
こういったタイプの人が僕のところに相談に来たら
必ずこう質問するだろう。
 
「副業や投資での収入はどれくらいですか?」
 
 
 
 
トップセールスマンの答えはこうだ。
 
「そんな時間なんてあるわけないじゃないですか。僕は社内で
重要なポジションを任せられているんですよ。それに副業で
お小遣い稼いだり、投資で僕の大事なお金を危険にさらすなんて
全く意味不明ですね。独立して今の10倍稼いでやりますよ。」
 
 
 
 
そして、元トップセールスマンの行く末はこうなる。
 
「会社に残っていたほうが稼げるなんて・・・。」
 
 
サラリーマンの誇りを胸に独立。
結果、その誇りはなんの役にもたたず、埃まみれになってしまう。
(あ、ダジャレになってる!)
 
 
 
 
でも、これが悲しき現実。
 
トップセールスマンが活躍できたのは、
「会社のカンバン」ありきってこと。
サラリーマンという枠内でのみ通用する実力だったってこと。
 
これはしっかり認識しておかないと、
取り返しのつかないことになる。
 
 
 
 
また、「お金がさえあれば会社を作っていたのに・・」
なんていう人も危険きわまりない。
 
会社を作るのにお金はほとんど必要ないし、
必要なのはお金じゃないことはここまで読んできたあなたなら
よーくわかるはずだ。
 
 
 
でもこの現実が受け入れられると
見えてくるものもあるわけで・・。
またそのお話は次回に。
 
 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » サラリーマンの誇りと埃