2013年2月 のアーカイブ | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

イメージさえできない?

僕の趣味と言えば、サッカー観戦や旅行なんですね。
ここ数年は毎年3カ国くらいを旅してきました。

でもほんとは、もっともっといろんな国に行ってみたいし、
世界で活躍する日本人サッカー選手を応援にも行きたいわけです。
 

が、残念すぎることにサッカー観戦はテレビばかり。。
まぁサラリーマンの身分でヨーロッパまで頻繁にサッカー観戦、、
はさすがにできないわけです。
 

 

でもふと数年前の自分を振り返ってみると、
「海外旅行に行く」
ってことさえもして来なかった自分を思い出しました。

豪華な旅じゃなければ、少しがんばれば誰だって行けるはず。
でも僕は海外旅行になんて行かなかったんです。

それは、海外旅行に行っている人たちを羨ましく思うものの、
「自分が海外旅行に行っているイメージが全く無かった」
からだと今では思うんですね。

そう、
『イメージすらしていなかった』
ってことです。

 

 

実はこの『イメージ』ってとっても重要です。
なぜなら、イメージしたことしか人間には叶えられないし、
達成できないからです。

 

たとえば、
・世界中を旅してみたい
・高級車に乗りたい
・豪邸に住みたい

なんでもいいわけです。

 

でも、こんな「イメージ」をサラリーマン仲間に知られでもしたら、
かなり微妙な眼で見られてしまうわけですよ。

「そんなの無理だろ!」
って。
 

そうなんです。
サラリーマンをやっている限り、
どうしても時間的制限があるので、
無理なこともあるのは確かです。

でも、全てが無理ではないですよね。
時間の自由は少ないですが、金銭的自由は本人しだいです。

ってことはいろいろと叶えられることもあるにもかかわらず、、
そんな「イメージ」ができなくなってくるのが
僕たちサラリーマンですね。

あぁ悲しい。

心のどこかで
「身の程を知れ!」
みたいなブレーキを自然とかけてしまうんだから。
 

これじゃマズいわけです。
いや、リーマン中はこの思考でオッケーですけど、
何もプライベートまで同じようにする必要なんてないです。

 

自分のやりたいこと、やりたくないこと。
これをまずは紙に書きだして(書きなぐって)
自分の本来のイメージを「自分に共有」してみましょう。

サラリーマンっていう邪魔なソフトが入っているんで、
新たにインストールが必要だってことです。
 

 

人間の脳は、イメージしたものを現実にする力を秘めています。
だからこそ、
具体的にイメージをできるようにする必要があるんです。

世界を旅したいのなら、
その国のイメージがわく写真を集めて、
毎日眺めてみる。

高級車に乗りたいのであれば、写真を集めたり、試乗してみる。

何もお金がかかることじゃないです。
なんでもいいわけですよ、具体的なイメージがわくならば。。

 

僕も、自分のやりたいことや、やりたくないことを書きだして、
いつも持ち歩いています。
なぜなら僕より圧倒的に豊かな人達の全員といっていいほど
同じことをやっているからです。
これ、ほんとなんですよ。

 

 

「どーせ、俺にはできやしない。」

そういって、やらない人たちが
サラリーマンばかりなのが謎なんですよね・・・。

 

アベノミクスで得する人と損する人

安倍さんが、がんばっていますね。
かなり上から偉そうに言わせてもらえれば、
「今のところ、合格点以上!」
と、勝手に評価しています。
 

「え!?何が??」
って思うことでしょうが、
まずは揺れに揺れている領土問題。

現在我が国は、中国・ロシア・韓国と3つの国と
領土で何かしらの争い状態にあるわけです。
(尖閣諸島は係争地ではないですよ。)

そのため、安倍さんはアメリカはもちろん、アジア各国との
連携を深めようと外遊したり、協力を呼びかけている。
ロシアとも北方領土問題を進展させようとしている。
もちろん、中国を孤立させるため。。
政治的には圧力、経済的には協力姿勢。
(この2枚舌がシビレルぅ。。)
 

 

さらに先も見据えていますね。
被災地の早期復興にエネルギー革命。
そして景気回復へ。

自国でまかなえるエネルギーの割合をどんどん高める。
そう、日本がサウジアラビアやドバイのように資源大国になる
きっかけを作ろうとしている。

 

そんな中、すでに実感として効果がでているのが、
円高の阻止ですね。

円・ドルのレートで、今日は92円ですから、
去年と比べて約20%円安になったわけです。

 

このことを受けて、
「日本人は知らないうちに20%損している!!!」
と騒いでいたりするわけです。

そう言われてもピンとこないと思います。
「本当にぃ??」
って思うだけでしょ?

でも、その感覚って正しいと思うんです。
だって、円高になろうと円安になろうと、
普通は実感できないわけです。

それは、
国内で収入を得て、国内だけで消費しているから。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

でもですね、僕みたいに海外で運用するようになると、
モロに体感できてしまいます。

例えば、
・某国でやっている現地通貨での預金 ⇒ 1.2倍!!
・某国の積立型保険 ⇒ 2.5倍!!!!(ニンマリ)

と約2年でこれだけの結果をもたらしてしまっているわけですよ。

 

もちろん、数年前から円が相対的に安くなっていくことが
わかっていたからこそ、円高のピークで海外に仕込みをしていた、
ってことです。

もちろん、今利益確定すれば・・ってことにはなりますが、
海外を活用している人は、アベノミクスの恩恵を
最大限に享受している人が多いでしょうね。
 

などなど、いろいろと語りたいことはあるんですが、
なかなかメルマガやブログで詳細が語れないので、、、
今年はそんな話も仲間内でやっていければいいなぁって
思っています。

 

円安の効果って、海外に投資していなくても、
海外旅行に行くだけで実感できると思いますよ。

ここ数年、海外に行って現地でお金を使う時に
激安ーーー♪
って思ってたんですけど、
これからは、少しずつ割高に感じて来るでしょうね。。。

なので、今年は国内旅行中心にしようかと考え中です。
もちろん、まだまだ円高ではありますけどね。

 

6000万円のマンションを買うことにしました!

「今日も楽しいリーマンライフを送っていますかぁ??」
って、突然ではありますが、、
毎日やたらと疲れているサラリーマンを目にしていると、
なんだかなぁーって思ってしまいます。

ネット副業をやっている僕とあなただけでも
もっと活気あふれる毎日にしないとダメですね。

 

さて、先週イギリス人の友人に会ってきたんですが、
とても仕事が順調で毎日が楽しくてしょうがいない!
っていうんです。
なんかハツラツとしてて、いいですよねぇ(笑)。

その彼は営業職なんですが、営業成績もどんどんアップしていて、
給料が増えていると。そんな話でした。

で、僕が不動産投資をしていることを思い出して、
不動産のことを相談してきたってわけです。

 

 

友人:「そろそろ6000万円くらいのマンションを
買おうと思うんだけど。。」

僕:「それは自分が住むため?家賃収入を得るため?」

友人:「自分で住むためだけど、後で貸せるヤツがいい!」

僕:「ふーーん。」

 

 

だいたい会社に入って数年もすると、
「そろそろオレもマンションも買うか!」
と、周りの波に合わせたようにマンションに興味を持ち始めるんですよ。

で、実際に買おうとすると、
「はて、購入と賃貸といったいどっちがお得なのぉ??」
と悩み始める。

いわゆる賃貸派と購入派ってやつです。

 

これはですね、あっさり結論から言いますけど、
不動産を買う目的が家賃収入を得ることであれば、
当然ですけど、安くないのであれば買わないほうがいいし、
安いのであれば買ったほうがいい。
ってことになります。
 

でも、購入目的が居住することだったら、
住むことが第一の目的となるので、
そもそも値段が安いとか高いとかはあまり関係がないですよね。
自分が納得して満足できるかどうかが重要です。

まず、この部分をはっきりさせないと。。
 

このことをふまえて、イギリス人の友人のマンションを考えると、
6000万円のマンションに住むことだけが目的であれば
買うべきということになります。

が、貸して家賃収入を得ることを目的とするならば、
そのマンションがステキだとかどうとかいうよりも、
もっと数字で判断する必要があるわけですよね。

売却時のことや利回りなど、しっかりとした調査が必要なわけです。

なので、この友人には、「住むため or 家賃収入」の目的を
まずはしっかり決めたほうがいいとアドバイスしておきました。
 

ちなみに、僕の場合は自分で住むこともありますが、
賃貸収入で一定の運営ができて、売却益がある程度出る物件に絞って
買っています。

日本の不動産はバブルを終えた状態なので、売却益狙いよりも
毎月の家賃収入狙いの物件のほうが買いやすいですね。

 

その自己基準を厳しく設定しているので、
僕はなかなか買えないんですが(涙)、
海外だとASEAN諸国中心に売却益を狙えるものもたくさんありますね。

 

家賃収入を狙う場合は、自宅は購入しちゃダメですよ!
自分が借入できる枠を自宅で食いつぶすことになりますからね。。

 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » 2013年2月 のアーカイブ