ボホール島 | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

ボホール島で事件勃発!!

ボホール島での最終日、全体の4日目。
今日は早朝からボホール島名物の
アイランドポッピングに行くことにしてたんです。

ホテルのロビーで迎えのドライバーを待っていると・・・。
なぜかローカルの人たち用のミニバイクで
やってきているわけですよ。

ちょっと待てよ!と。
彼らはヘルメット無しが常識。
僕たち日本人にはちょっとね。。
海外で怪我なんてしたくないでしょ、やっぱり。

 

「ヘルメットなしであんたに命預けられんゾ」
って言っても、
素敵な笑顔で
「ノープロブレム。」

うーむ。
とは思ったものの、
「遠くないから♪」
って言うんで渋々了解したら、
2人乗りじゃなくて、まさかの3人乗りってことに。

50ccくらいのバイクに3人だからねぇ。
素敵な笑顔に負けた僕がバカでした。

30分振り落とされそうになりながら、砂埃を顔中に浴びながら。。
もう到着した頃には腰痛ですよ。

 

 

昨日ホテルでは無駄に疲れ、
今日は朝っぱらからこんな状態だしで
なんだかビミョーだなって思ってたんです。。

で、
アイランドポッピングをそれなりに楽しんだら
セブに帰る時間になったんですね。

なので、
フェリー乗り場に移動したらドライバーが運賃を請求してきたんで、
「昨日払ったよ」って言っても納得しない様子。

今回は色々あるなぁって思いつつ。
また無駄に交渉させられてやっと納得。
ボホール島の交通費はセブの3倍くらいなので、
完全に観光地値段。割高に感じます。

 

 

まぁよし。
さぁセブに戻って明日は念願の、購入したコンドミニアムの視察♫
ってことでフェリー乗り場で待ってたんです。

前の便がキャンセルになってました。
 

これも日本では考えられないんですけど、
セブ島からボホール島への唯一のルートであるフェリーって
ちょくちょく運休するらしいんです。

が、これも想定内!
調べてたんで余裕を持ってチケットを取ってたんですよ。

 

 

あと30分で帰りの便が来る。
やっとかぁって思っていたら…。

キャンセルのアナウンスとともに、
掲示板に「キャンセル」 の表示が突如流れたんです。

場内は騒然。
一気に大群がチケットカウンターへ押し寄せる。

なぜなら次の便がこの日の最終便だからなんです。

 

 

僕も急いで移動するも一瞬で完売。
なんと明日じゃないと帰れなくなってしまったのです。

しかも、この便も結局キャンセルに。
台風が迫っているってことで全便運休になってしまいました。

これには困りました。
次の日は、コンドミニアム視察の日なのに。。
1番の目的の視察は何としても行かないと!

 

チケットカウンターを見ると、もうチケットがないにもかかわらず、
みんなタガログ語で叫びまくってます。

ここにいても、もう無意味だと思ったんで、
何か他の方法がないか探したんです。

 

警備員やローカルの人に聞きまくっていたら、
もう一つ小さなフェリー会社が運行するかも
ってことを教えてくれて、その列に並んだんです。

先にチケットをゲットした人たちはかなりうれしそうです。
いよいよ順番がやってきました!

あと5人、あと3人って数えてたところ、
斜め前のおばちゃんが長時間チケットを買ってるんですよ。

「おせーよ!」
ってみんながイライラし始めた頃、なんとまたもや完売。
 

前の人にに理由を聞いてみたところ、
そのおばちゃんはツアーガイドで、
お客さんのチケットを大量に買い漁ったことで
チケットがなくなったってことでした。

これにはさすがにみんな怒り狂って、大暴れ状態。
ちょっと危険な雰囲気になってました。

それにしても、あと2人のところまできてたのに買えないなんて…。

 

 

最後の最後でチケットをまたもや買いそびれたので、
さすがに途方にくれてました。

すると今度は、次の朝までフェリーがないので、
みんな一気にホテルを予約し始めたんです。

さすがにフィリピンで野宿なんてあり得ないんで、
ホテル予約しないと。。
って思いながらも疲れのピークに達しようとしていました。

そんなとき、
日本人の女の子達が目に入ってきたんです。
団体でボホール島に観光に来たようでした。

ここではっと思ったんです。
ローカルの人でさえもチケットを買えずに大混乱しているのは、
ツアー会社が大量にチケットを買うからじゃん?
って思ったんです。
 

ってことはツアーガイドと交渉すればチケットをゲットできるかもだし、
さらに目の前には日本人がいる。

よーし、いける!
セブへ帰れるどぉぉぉぉ!!!!
ってことで日本人グループに接触。
 

このグループは20代前半の女の子たちなんで、
不安でいっぱいなんですよ。
明日のフライトに間に合うかもわからないし、
そもそも、みんなセブ島に戻れなくなって苛立ってて、
ちょっとした無法地帯みたいな雰囲気だったんです。
 

不安感から1人の女の子は泣き出してたんで、
いろいろサポートをしてあげてたんです。

そうこうしていたら、フィリピン人のツアーガイドさんが
「別の港から出港のフェリーを手配できた!」
って言ってくれて、ちゃかり僕も乗せてもらえることに!!
 

 

ほとんどの人たちが野宿状態だったんで、ほんとにラッキーでした。
やはり最後は日本人どおしの助け合いですね。

「やっと帰れるねー。」ってみんなで喜びながら、
フェリーに乗り込みました。
フェリーというか貨物船と言うか。

オープンエアーシートが僕たちの席で、
仮眠できるベッドだったんですね。

ちょっと休めるなぁって思っていたら、
またもやプチトラブルが。。

 

僕の隣のベッドが空いていたんです。
空いていることに気付いた現地の大男が
勝手に使い始めたんですよ。

使うだけならまだしも、体がデカすぎなんで、
そもそもベッドからはみ出してるし、
寝付けないのか暴れだすしでもう大変。

その大男の反対側が日本人の女の子だったんで、
恐怖で錯乱状態でした。
 

かわいそう過ぎだったんで、追い出してあげたんですが、
また戻ってくるし。
でまた追い出してってことを繰り返すハメに。

いやいや、マジで刺激的な?夜となりました。

セブ島・ボホール島・マクタン島 2日目

20120817-162242.jpg
ホテルからの眺望。実はバラックがいまだたくさんあります。

 

 

20120817-162324.jpg
フィリピン人の友人と一気にセブ・シティ観光。
こちらはスペイン統治時代の古民家。
横浜や神戸の異人館みたいな感じでリッチな造りです。

 

 

20120817-162343.jpg
有名なサンペドロ要塞。ここには日本人が結構いましたね。

 

 

20120817-162404.jpg
マゼラン・クロス。
一番ストリート・チルドレンが多かったのがこの周辺だと思います。
タクシーが到着した途端、囲まれました。。

 

 

20120817-162426.jpg
ランチは、アヤラショッピングモールにて。
ここはかなりハイセンスです。
日本にもこんなモールが欲しいですね。
ただ、この中の物価は以上に高いと思います。
Apple製品など高級品は日本と同じ相場ですからね。
普通のサラリーマンの月収が2万円くらいなんで。。

 

 

20120817-162445.jpg
フィリピンの伝統料理を食べてみました。
ラプラプっていう魚のスープが1番美味しかったです。

 

 

20120817-162510.jpg
なぜか日本フェスティバルが。
アキバ系オタクが大人気でした。
こんな変なイメージなんでしょうね、日本て。

 

 

20120817-162556.jpg
道教寺院。
ビバリーヒルズというセブ高級住宅街の中にあります。
完全なゲーテッド・コミュニティです。

 

 

20120817-162610.jpg
ビバリーヒルズからの眺望。
豪邸が多いですが、ほとんどの建物が古いです。
ちょっとイメージと違ったなぁ…。

 

 

20120818-165658.jpg

わりと新しめの豪邸をパシャ。

 

 

 

20120817-162629.jpg
ゲートがいい感じでしょ?

 

 

20120817-162650.jpg
そのあとはシューマートっていう、
もうひとつのショッピングモールへ。

 

 



20120817-162711.jpg
食文化も結構アメリカナイズされていて、
ホットチョコレートが人気らしいです。
美味しいけど、僕たち日本人には甘すぎるんですよね。
ちなみのドーナツは、クリスピークリームドーナツよりミスド派です。

 

 

20120817-162731.jpg
絶対夕食はミスりたくない!
ってことでパスタとピザに。
パスタはどこで食べてもうまかったですね。

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » ボホール島