マクタン | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

セブ島・ボホール島・マクタン島 3日目

20120817-163047.jpg

始発のフェリーに乗って出発!
半袖の時点で死亡ってくらいのクーラーの効き具合です。。

 

 

 

20120817-163102.jpg

こちらが、「ターシャ」君。
世界一小さいメガネザルだそうです。
手のひらサイズでした。

 

 

 

20120817-163122.jpg
ちょうちょの館。

 

 

20120817-163139.jpg
全然期待せずに入ったんですが、これがなかなか楽しめました。

 

 

20120817-163157.jpg

チョコレートヒルズに到着。
この階段を登ると・・・。

 

 

 

20120817-163222.jpg

こんな感じの、チョコレートヒルズたちが。
自然地形らしいです。

 

 

 

20120817-163248.jpg
ロボク川ランチクルーズ。

 

 

20120817-163331.jpg

生演奏を聞きながら、
フィリピン料理を船上で楽しめます。

 

 

 

20120817-163346.jpg
味付けは日本人にも合っていますね。

 

 

20120817-163400.jpg
50人くらい乗れるんで結構デカイ。

 

 

20120817-163418.jpg
途中、いくつか踊り場が。

 

 

20120817-163433.jpg

現地の子供達による
歌と踊りのパフォーマンス。

 

 

 

20120817-163449.jpg
船着き場。

 

 

20120817-163512.jpg

セブでは見かけなかった、「トライシクル」。
ミニバイクに台車と屋根をつけたもの。
ほんとおもちゃみたいで、
2人も乗ると40kmくらいしかでないというシロモノ。。

 

 

 

20120817-163534.jpg

泊まったホテル。
このあと、まさかのお湯なし部屋を案内されることに。

 

 

 

20120817-163548.jpg

ザ・クレームの場。
まさかの冷水シャワールームを案内されたもので。。
なんとか2グレードアップを果たす。

 

 

 

20120817-163607.jpg

またもやパスタ。
パスタははずさないフィリピン(笑)!

いざボホール島へ!

3日目は、ボホール島に移動です。
フィリピンの友人お勧めの島で、ここも観光スポットですね。

セブ島からフェリーで2時間かかります。

 

ボホール島は完全に観光目的なんで、
海沿いのホテルを予約しておきました。
 

車を1台チャーターしておいて、観光です。
(チャーターというと響きが良いが丸一日で2千円くらい。)

世界一小さい猿のターシャ、
チョコレートヒルズなどを一気に見学しました。

 

あ、あとフィリピンでも思ったんですけど、
英語できないコンプレックスはもうやめましょうね。

ホテルのスタッフは綺麗な英語を話しますが、
ドライバーの人なんて、アジアンイングリッシュですからね。

「ワンタウタン!ワンタウタン!」とか、
「シブンティシブン!」
って連呼するんで何度も聞き返してたら、

ワンタウタン=ワンサウザン(1000)
シブンティシブン=セブンティセブン(77)

でした。。

中学校英語で十分なんで、
海外に行った時くらい積極的に使ってみましょう。
すぐ慣れます。
 

 

さて、雰囲気はいいホテルなんですけど、部屋に入るなり唖然。
シャワーやトイレが青空状態なんですよ。
屋根なし。

しかもお湯が出ない仕様。
水だけのシャワー。
部屋も狭過ぎボロ過ぎ。

 

「おい!」
ってことで、フロントに文句を言うも、
嫌なら追加料金払ってアップグレードしろ!と。

温水シャワーのない部屋を予約するほど素人じゃないので、
容赦なくクレーム入れましたね。
僕の下手クソな英語で。

待たされはしましたが、結果2アップグレードくらいしました!
まぁ海外なんてこんなもんです、超~いい加減なんでね。

 

結果的には追加料金無しでアップグレードてきて、
と、この日は無事終わったんですが、、、

 

今思えば、
これが次の日に起きる不運の始まりだったかも、、、
って後から思うハメに・・・。

この話は明日ゆっくりと。
本気で疲れました。

2日目はセブ・シティ観光をしました

まずはご連絡から。
セブに行っていた間のお問い合わせメールは
今日までで全部返信しました。

「オレには届いてないゾ!」って方がいらっしゃったら
おそらくそもそも僕に届いていないので再度送ってくださいね!

 

さぁ、セブ島2日目について書いていきましょう。
この日はセブ・シティを中心にまわりました。

セブ・シティには、電車がないんですよ。
(マニラにはあるけど。)
結構大きな街なんですけどね。。

なので、移動は車でってことになります。
 

現地の人は、ジプニーっていう、
乗合のバスみたいな車が主なアシです。
アジア!って感じの車で、トラックの荷台に
屋根と椅子をつけただけの乗り物ですね。

これ、日本では完全に違法です。しかも箱乗り状態だし。
ちなみに初乗り14円くらいらしいです。

ってことで、日本では滅多に乗らないタクシーで移動です。
サンペドロ要塞、マゼラン・クロス、道教寺院などなど
次々に観光地を中心にまわっていきます。

 

そして、やはり気になる不動産も見てきました。

セブ島1の高級住宅街、
その名も
『ビバリーヒルズ』です。
まんまですね。。

丘の上にある、
ゲーテッドコミュニティで、
その区間に入るにはガードマンの許可が必要です。

 

それぞれの家はかなり大きいです。
日本の家とは比べものにならないくらいやたらと大きい。
ただビバリーヒルズ自体が結構古いんですよ。

買わないなぁって、自分ならっていうレベルです。
これなら平地にあるコンドミニアムの方がいいです。絶対。

この日は、コンドミニアムを見る時間はなかったんですが、
広告を見た感じだと、商業施設のまわりを中心に
コンドミニアムが建設されていて、
更地状態で完売しているものも多かったです。
国全体の勢いを感じます。
消費に貪欲です。

 

ただフィリピンは貧富の差がかなり激しいです。
これは思ったよりもかなりです。
なので異様な風景にでくわします。

たとえば、ビバリーヒルズの入口。
バリバリのカオス状態でした。

小さな水のない川を渡るんですけど、
その周辺が貧困層の居住区なんです。

ホームレス達が川底にバラックを建てて暮らしてるんですね。
平地には住めないから。
その上を運転手付きのベンツなんかがガンガン通り抜ける。
そんな異様な光景でした。

何だかなぁ~って思います。

あとはショッピングモールも行ってみました。
アヤラとシューマートで、
セブの2大ショッピングモールです。

まず入店する時に、ガードマンのチェックがあります。
荷物チェック、ボディチェック。

はい。ここまで厳しいのは初めてです。
ボディチェックというより、拳銃持ってないよね!?チェックと
ホームレスの入場を制限しているって感じです。

 

やっぱりねぇ、ここまで貧富の差が激し過ぎると
必要なことなんでしょうね。
ホテルもそんな感じです。
カバン開けて、身体触られてみたいなチェックです。

街中では、ホームレス達が手を出してくるし、
ジプニーやタクシーの客引きがあるしでかなり賑やかです(笑)。
日本みたいに歩きながらiPhoneいじくって…、
みたいなことやってたらかっさらわれます(笑)。

ストリート・チルドレンはポケットに手を突っ込んで
iPhoneをゲットするみたいです。
あまり気を抜けないですね。

「お金ちょうだい!」
的なホームレスって、
僕の中ではインドやアフリカだけだったので、ちょっと驚きでした。

 

何より考えさせられるのは、お金を求めるホームレスの多くは、
小さい子連れのお母さんだということです。

炎天下の中、子供を抱いて埃まみれになりながら歩き続ける。
夜は夜で、繁華街で子供を寝かしつけ横になりながらお金を求める。

 

だからって、
「僕たち日本人は恵まれている!だからもっと努力しないと!」
なんて言うつもりはないです。
キレイゴトが大キライな性格なので。

でも世界一素晴らしい国、日本は当たり前にあるわけじゃない。
先人の努力の結果生まれたものだってことくらいは
意識しておかないとって思うんですよね。

本人の努力ではどうにもできない現実が
同じアジアにもあるわけだからね。。

あなたはどう思いますか?

セブ島・ボホール島・マクタン島 1日目

20120817-155216.jpg

今回の宿泊先、サミットサークルホテル。

セブ・シティの中心部なので利便性は良いです。

ホテルも値段の割に広くて良い感じでしたね。

 

 

20120817-155230.jpg

出た~ジョリビー。フィリピンではマックより人気みたいですね。

パスタやご飯付きの定食までありました。

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » マクタン