副業ビジネス | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

どうすれば収入を上げられるのか真剣に考えてみた・・

一方的にボーナスカットされて、年収大幅ダウン。。
ここから僕のネット副業生活がスタートしたのです。
 
 
前回までのお話はこちら。
 
 
 
 
◆ まずは本屋さん
 
ボーナスカットを勝手に会社から一方的に言われて、
「なんて自分は弱い立場なんだ・・」
と悲しくなったり、憤りを感じたり。
そんな変な感情でしたね、当時は。。
 
 
 
転職しても、また同じように会社の考え一つで
あっさり崖っぷちに立たされるのはゴメンだ・・。
 
そう思った僕は、給料以外の収入源を確保しようと
情報収集を始めたのです。
 
他業界の友達に聞いてみたり、インターネットで検索してみたり。
 
 
 
 
いろいろと情報収集しましたけど、
やっぱり「大型書店」での情報収集がとても効果的でした。
 
そういえば、僕は以前から何か調べるものがあるときには
よく書店に通っていましたね。
 
 
 
まずは、ひたすら立ち読み。
書店全体を立ち読みする気分で、いつもは立ち寄らないコーナーも
どんどんチェックしていく。
 
するといろんな本が目に飛び込んでくる。
 
 
・起業
・会社を興す
・株
・FX
・不動産
・インターネットを使って稼ぐ
 
 
今まで一度も読んだことのない本が次々に目に飛び込んでくる。
やはり書店は、手っ取り早く情報収集するにはとても適している。
 
 
 
 
 
書店をプラプラすることで、
「世の中にはいろんな手法でお金を稼ぐ方法が存在する」
ことを、この時僕は初めて知ったことになる。
 
それまでは、自分には関係ないことだと思っていたので。。
 
 
 
 
 
 
 
◆ どうすれば収入を上げられるのか真剣に考えた
 
世の中にはいろんな方法で収入が得られる・・。
 
でも僕が実際に出来る方法は何だろう?
何を選択すれば最も早く副収入が得られるのだろうか?
 
そう考えていたある日、後輩がアルバイトを始めたことを
僕に打ち明けてきた。
 
 
 
その彼は、
・住宅ローン
・自動車ローン
 
を抱えていたので、毎月毎月支払いが苦しい・・
すぐにでも収入が欲しい!ってことでアルバイトを始めたわけだ。
 
 
 
確かにバイトは最も確実に収入が得られる。
自分の時間を切り売りしさえすれば給料が入ってくるから。
 
でも僕の職場は残業が慢性的にあるので、仕事終わりに
バイトなんてキツすぎる。
やるとしたら休日フル稼働でバイト、、ってことになる。
 
 
リーマン業だけでも疲れているのに、さらにバイト!?
それが僕の本音だった。
 
 
 
 
 
 
後輩がバイトを始めたことで、具体的に副業について考える
良いきっかけになった。
 
 
 
軽く頭でシュミレーションをしてみる。
 
時給1,000円だとすると、休日全てを返上してバイトにあてて、
8時間×週に2日働いたとする。
 
これでやっと月収64,000円。
 
 
 
週に5日会社で働いて、残りの2日をバイト。
ここまでやって、たったの64,000円の月収アップ。。
 
これじゃ、割に合わない。。そう感じていた。
 
 
 
 
この時書店で立ち読みした本のことが強烈に頭によぎる。
 
・投資系の書籍
・インターネットを使ったビジネス
 
このどちらかをマスターするしかない。
とりあえず、やってみよう。
 
ってことで一歩を踏み出したわけだ。
 
 

決死の「ザ・ポチ作戦」

前回は結構本音で書いてしまったんで、
最近の中では1番反響が大きかったですね。

前回のお話。
⇒ http://www.5man-yen.com/3466.html

「わかるわかるぅ!」
って肯定的な意見と、やっぱり批判的な意見も一定数届きました。
もっと否定意見が届くと思ったんですけどね。
いろんな考え方があって面白いです。

じゃ、今日もまた本音でいってみましょう。

 

◆ あれ?一歩も動けない??

・サービス残業
・昇給見送り
・ボーナスカット
・給料ダウン
・降格
・左遷
・リストラ

なんだか年を追うごとに環境は悪化している。
確実に悪くなっている。

 

どれもこれも僕とあなたを襲う恐怖の行事。

サービス残業は実際のところみんなで耐えているんで、
なんとなく我慢できてしまったとしても、、
収入が減ったり、社内地位が下がったり、
そもそもリストラになったりなんてことは
絶対に避けなきゃならない。

 

好条件の転職先なんて、
『皆無』
だからね。
 

それは僕もよーく知っています。

・リクルートエージェント
・リクナビ
・DODA
・enジャパン

だって、これぜーんぶ登録しているから。
過去に転職先を探したこともあったけど、
たいして変わらない。

変わらないどころか条件が悪かったりも。。
 

 

そう、つまり、
「冷静に考えれば考えるほど、今の会社にしがみついた方がいい」
って結論が自然と出てきてしまう。。

はじめは情けないって思いつつも、だんだんその
「情けない」って気持ちさえどこかに忘れてしまう。

気がつけばがんじがらめになっていた。
一歩も動けない自分がそこにいた。。
 

 

◆ 決死の「ザ・ポチ作戦」

そうなるとみんなで自然とやっちゃうのが、
決死の攻撃、作戦名「ポチ」。

この「ポチ」作戦だけが降格・左遷・リストラから
身を守ってくれる。
自分の現状を維持してくれる。
 

 

具体的な作戦内容なこんな感じね。

・上司の寒ーいギャグも笑ってあげる
(リアクションは大き目に!)
・同僚ともそつなくコミュニケーション
(大人を演出)
・誘われる飲み会は一応参加
(仕事ができてノリも良い)

やがて得られるのは、専門職スキルより
「誰にも負けない空気読みスキル」

 

こうやって、毎日ポチ(ワンちゃん)のように
シッポを振りまくっているわけです。

※【ザ・ポチ作戦】:家族のため、自分のため、お金のため、
といいきかせ、思考ゼロ状態でシッポを振り続ける(スマイル付)
だけの悲しき作戦。

「社会人たるもの、サラリーマンたるもの、
みんなそうやって生きているんだぁ!」
と自分に言い聞かせ・・。

 

「で?相沢もポチやってんだろ?」
って思った??

当然、それ気になるよね。
もちろん次回公開しますよ。
自分でも今考えるとかなりオモシロイので!

もう一人のあなた

今日も会社を出た途端、副業モードにスイッチON!
この瞬間が毎日待ち遠しい。

こっそりプロになれる瞬間だからです。

 

 

 

■ どこからがプロなのか

このプロになるということ。
ネット副業で稼ぐためには、
はじめから意識しておきたいことです。
 

しかし、この「プロ」という定義がかなりあいまい。

・専門知識を有している
・それを生業としている
・周りがプロと認めている
・アマチュアの反対語

イメージとしてはこんな感じでしょう。

 

 

サラリーマンがアマチュアとは言わないけれども、
雇われの身(サラリーマン)に対して、
プロ(個人事業主)と考えれば
もっとイメージしやすいかもしれませんね。
 

このプロになることの意味。
それは最終的には、お客が決めることだと思います。
お客様があなたのサービスや商品を満足するかどうか。
やはり、収益が上がればプロってわけじゃなく、
お客様の評価で決まることでしょう。

 

だからといって、お客様にプロと認めてもらうことを
のんきに待つ必要は一切無いです。

どんな医者も弁護士も、
はじめはとてもプロと呼べる状態じゃなかったはず。

そのため、初期段階でプロかどうか、
これは、
「本人の意識」
に依る部分が大きいと思います。
 

今持っている知識・情報を出し尽くし、
本気で取り組む意識、姿勢。
これがプロのスタート地点です。

 

 

 

■ 最短でプロになる方法

どうせプロになるのであれば、
あなたには最短でプロになってもらいたい。
回り道をせずにね。
これが結構簡単なんです。

1.自分がプロとして活動すると決断する
  ↓
2.インプットとアウトプットをひたすら実施

こんな感じ。実はあっさりとプロになれてしまう。。
 

インプットとアウトプットが難しいとか
大変だとか言う人がいるんですけど、
そんなことあり得ないんですよ。

中学校の教科書が理解できるレベルなら、
ネットで稼ぐ知識なんていくらでも学べるんですから。
(実際稼ぎまくりの10代もいるし。。)

なので、サラリーマンのあなたができないということは、
上記の1か2をやっていないだけの話。

 

その他に理由があるとすれば、
世の中にあふれる詐欺商材や難解なビジネス本などが
ご丁寧に複雑に解説しているおかげで、
「お金を稼ぐってことは難しく大変なことなんだ…。」
って思っちゃうわけですよ。

そうやって複雑にして稼ぐビジネスなんです。
アレは。
誰にでも稼げるようになんて書かれていないんです。
そんな詐欺商材や難解なビジネス本なんでオール無視で大丈夫。

 

 

 

■ まずは

どんなことでもそうですけど、
インプットから全ては始まっていきますよね。

給料としてお金を貰うのではなく、
これからは自分で稼いでいくのだから、
そのための知識や情報を自分の中に取り込み学ぶ。

これがインプットですね。

 

具体的なインプットの方法。
分かりやすいように2つに分けます。

「インプット第1時段階」は、大型書店にいって、
あなたが取り組むネット副業に関する書籍を手にとってみる。

手持ち時間の少ないサラリーマンは、
今までの知識・情報が活かせて、リスクがほぼゼロの
アフィリエイトがやはりお勧めです。

なので、
アフィリエイト関連の書籍をパラパラっと読んでみて、
直感的に興味がわいたものを3冊ほど買ってじっくり読む。
(もちろんブックオフやアマゾンの中古本でも大丈夫。)
これで「インプット第1時段階」は終了。
 

たったこれだけで、おおよそのイメージが湧くようになります。

「あぁ、アフィリエイトってこんなビジネスだったんだな」
って思えればいいんです。

本って、新たなジャンルを大雑把に学ぶツールとしては
非常に効率がいいですからね。
ただ全体像を語った内容が本なので、詳細を知るには弱いし、
アウトプットに適したツールとは言い難い。

 

 

次が、
「インプット第2時段階」

これは、きちんとした教材を1つ購入して、
「馬鹿正直に教材通りに実践する」
ということになります。

教材には、著者さんが実際に稼いできたノウハウや
ツール・テンプレート等がひとまとまりしているので、
本と異なり、体系的に学ぶことができます。
 

この教材で本格的にインプットし、
書籍と教材でインプットしたことを
一気にアウトプットしていく。

 

この順序を守って実践していけば、
少しずつだとしても、自分のネット副業というビジネスが
回っていくようになるんです。

少しずつ商品が売れ出し、利益が上がり始める。
その利益で関連教材や関連ツールを購入し、
稼ぎを加速させる。

 

この段階まで来ると、お客様から勝手に、
『プロ』
と呼ばれるようになってしまうからね!

 

 

 

プロ意識を持つこと。
これはあなたにしかできないことです。

はじめは他人と比べて自信をなくしたり、
反対に他人と比べて小さく満足してしまったりと
いろいろと感情が動きまわることでしょう。

相沢は、初めて海外旅行に行ったとき、とても緊張しました。
危険なことはないのか、ダマされるんじゃないか、
って感じで。。

でも今では東京から広島に帰省するくらいの感覚で
海外旅行を楽しんでいます。

あなたも、稼げるようになった将来の自分が今の自分を見たら
以前はなんて小さなヤツだったんだと思うことでしょう。
あなたもどうせ稼げるようになるんですから。

「決めて断ち切る。」と書いて
「決断」です。

 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » 副業ビジネス