媒体 | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

稼ぐ媒体の本質

さて、あなたが取り組むジャンル、決まりました?

 

ジャンルを決めたら、
その決めたジャンルに関する情報を発信する媒体をまずは作ります。

1番効果的な、
『ブログ・メルマガ』
この2つを中心にして媒体を作っていきます。

これであなたも自宅でこっそり稼ぐための媒体が
持てるようになったわけです。

 

 

 

■ ブログとメルマガのどちらをやるべきか?

あなたが初めて文字情報をインターネット上に表現する場合、

あなた:「ブログとメルマガで情報発信していくことは
    わかった。でもどっちからやるべき?」

きっとこう思うことでしょう。
 

あなたがFacebookやミクシィなどでネット上のやりとりに
ある程度慣れている人であれば、

あなた:「とりあえずブログからで!」

そう思いませんでした?
 

 

で、
「ブログとメルマガのどっちをやるべき?」
の相沢の答え。

これは、
「両方同時にやりましょ!」
ってことになります。

「いきなり両方なんて大変過ぎるっっ!!」
って起こっちゃったいました?

まぁまぁ、落ち着いて。。

 

 

 

■ なぜ迷う?

昨日までさんざん同じことを言ってきましたよね!?

1.稼ぐ媒体を作る
2.集客数を上げる
3.成約率を上げる

コレだけに集中しようって。
 

そして、まずは稼ぐ媒体作りですよね。
その媒体をイメージしやすいよう、
リアルビジネスで説明します。

仮に、あなたがこだわりの飲食店を始めたとすると…、

お店:キッチン・客席などの設備、提供する料理、人員確保。
   来店してもらうためバイトスタッフに駅前でチラシ配布させる。

訪問・DM:お店周辺の会社や個人に訪問・DM送ってアピール。
      一度食事してもらったお客さんにはリピートして
      もらえるよう定期的に連絡。

こんなことを当然やりますよね。
これは職種を問わず、どんな営業会社もメーカーも、
同じような展開なはず。

あなたも車のカタログをもらいにカーディーラーに行ったら
定期的にDMが届いたり、電話がかかってきたり。
なんて経験があるはずです。

 

もうあなたはわかりましたよね。
つまり、ブログとメルマガのどっちをやるべき?
という発想自体がおかしい。

両方やった方が、より売上が上がるに決まってんじゃん。
って誰でも思うはずなんですよ。

 

これをネット上で同じようにやるだけのこと。

ブログ:まさにお店。ネット上にあるあなただけの店舗。
    店舗なんだから、お客さんに来てもらわないことには
    何も始まらない。

メルマガ:これは営業マン。顧客リストに飛び込み営業できて
     しまう。その為に顧客リスト集めが必要。
 

 

「ブログとメルマガは両方同時に!」
っていうのはそういうことなんです。

ブログもメルマガも稼ぐための媒体ですが、
この2つは役割が全く異なるんですね。

もちろん、それぞれブログもメルマガも単体でも稼げますけど、
稼ぎのスピードが全然違うよってことですね。

 

なぜか、ネット上でビジネスをしようとすると、
ブログしかやらない人が多いんですけど、
アレって、なんでだろ…?
芸能人ブログが流行ったから?

でも最近は、芸能人や著名人も知名度を活かして
メルマガ発行していますからね。(有料ですが。。)

 

やるべきはネットで稼ぐ仕組み作り

サラリーマンが、ネット副業で稼ぐ方法。
それはこの3つだけをとことんやろう!
ってことを前回お話しました。
 

その3つとは、

1.稼ぐ媒体を作る
2.集客数を上げる
3.成約率を上げる

媒体が完成したら、集客数と成約率を上げていく。
これがパソコン1台で自宅で稼ぐサラリーマンの必勝法です。

 

 

 

■ 媒体を作る

まずは、稼ぐための媒体を持って欲しいです。
媒体がなければあなたはいつまで経っても、
ただ情報を毎日受け取るだけの側。

インターネットの登場によって、
誰でも情報を発信できるようになったにもかかわらず、
Facebookでリアルな友達とじゃれあっているだけ。
そんな人がほとんどです。

こんなので自分が世の中に情報を発信しているなんて
勘違いしてちゃダメなんです。
少なくても我々は。

 

 

媒体作りで重要になってくるテーマ選定。
これは、自分が長く続けられることが第一優先だと思います。
すなわち興味が高いことや好きなことを選ぶべきです。

・今まで経験してきたこと
・今やっていること

この2つが選びやすいです。
 

例えば、相沢愛読中のメルマガには、
政治経済に精通した人がその知識や経験を活かして、
世界経済や政治問題をわかりやすく解説したメルマガや、
読書が趣味の方が本のレビューを中心とした
情報を発信している人もいらっしゃいます。

 

じゃあ、過去・現在で人に特に伝えられるような
情報なんてないって人はどうするのか?

それでも趣味なんかはあるはずです。
スポーツが好きだったり音楽が好きだったり、
何かマニアックなオタクが好みそうなことだったり。

とくかくあなた以外に関心を持ってくれる人がいるジャンルであれば、
なんでもいいわけです。

大切なことなのでもう一度言いますが、
自分が興味があったり好きなことを選択するようにして下さい。
 

このジャンル選定で、
「稼げるから!」
という理由だけで選ぶと長続きしにくいからです。

もちろん我々の目的は、
読者さんに役立つ情報を発信して、
その対価を受け取り、結果として稼ぐことです。

が、
稼ぐことだけが目的でジャンル選定してしまうと、
どうしても発信する情報に感情が入りにくいので、
コンテンツが薄くなりがちです。

だって、美容に関するジャンルが稼げるっていっても、
40代のオッサンがどんなに美容を研究しても、
20代の女性が情報発信してくれたほうが読者さんも嬉しい訳で。。

だからこそ、情熱を注げるジャンルを選ぶべきなんですね。

もちろんあとから方向転換してもいいですが、
1度はしっかり悩みましょう。

・自分は何に興味があったのか?
・自分は何に興味があるのか?

 

 

 

■ 人様に伝えたいことなんてない!

ジャンル選定が終われば、あとは媒体を作るだけですが、
どうやらこのジャンル選定で手が止まってしまう人が多いです。

これは読者さんからメール相談でいただく内容の中でも
上位にランクインする悩みだと言えます。

過去も現在も情報を発信するジャンルが定まらない。
そんな人は、
「これから興味を持って取り組みたいこと」
を選べば自然です。

 

 

例えば、あなたがFXをこれからやってみたいとします。

FXを始めるにあたって、いろいろと調べるはずです。
どこのFX会社で口座を開くのがいいのか?
どういったトレード方法があるのか?
どうやって学んでいけばいいのか?

このあたりのことは、FXに興味がある人なら誰しも気になることです。

そんなことを情報発信していけばいいです。

気になって調べたこと、実践していく中で困ったこと、
調べたことで解決したこと、その結果えられた実績。

そういった、
「実践記」
として情報発信していけば、
あなたがゼロから成長していく姿を
読者さんにリアルタイムで見せることができますね。
 

ちなみに、
相沢は極度のパソコン音痴(プロフィールページで公開済み)
だったので、まさにゼロからのスタートでした。

そのため、教材などで学んだことを実践し、
その内容や結果を配信していたので、
実践記を中心とした記事を書いていました。

 

 

 

今知識がないことを気にする必要なんて全く無いです。
学びながら、その学んだことを書いていけばいいですからね。

あと、文章を書くのが苦手で…。
って人も多いかと思いますが、
それも一種の錯覚ですよ。

友達にメールできない人っていないでしょ!?
最初はそんな書き方で大丈夫なんです。

無理に上手く書かなきゃいけないって思うから書けないんです。
書きたいように書きゃOK!
自分の媒体なんだから自分の好きなようにやってみればいいんです。

有料で情報発信するんじゃないんだから、
それくらい気軽にはじめてみて欲しいです!

 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » 媒体