左遷 | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

会社で干されました

僕は以前、会社で干されて大変な目(?)にあっています。
あなたもヒトゴトじゃないのでお気をつけを。

前回までのお話はこちら。
⇒ http://www.5man-yen.com/ps50

 

◆ サラリーマンの本質

サラリーマンとして働いているのなら、
絶対に避けて通れないのが、
「ザ・ポチ作戦」。

※【ザ・ポチ作戦】:家族のため、自分のため、お金のため、
といいきかせ、思考ゼロ状態でシッポを振り続ける(スマイル付)
だけの悲しき作戦。

僕はこの「ザ・ポチ作戦」が大嫌いな典型的なタイプ。
(もちろん好きな人はいないだろうけどね。)

僕の場合は、そんなしっぽふりが面倒に思ってしまうわけ。

・明らかに無理難題を押し付けてくるアノ人
・明らかにムダな残業空気を創りだすアノ人
・明らかに忙しそうだけど1円も生み出さないアノ人
・明らかにやる気ゼロで手抜きだけど同じ給料のアノ人
・明らかに会社に貢献していないのに社歴が長いだけで高給なアノ人

こんな「アノ人」に気遣いしてあげるのがバカバカしくて・・。
 

 

で、僕はどんな感じだったかというと、
「反ザ・ポチ作戦実行委員会会長」に就任していました!
(もちろん会員ゼロの悲しき組織だが。)

そう、一人虚しく自分の中の矛盾と戦っていたんでしょうね。
今思えば、僕はサラリーマンの本質が
まるでわかっていなかったのです。。

 

 

そもそもサラリーマンって次の2タイプがいるはず。
あなたの会社でも全く同じ。

「オレも所詮はサラリーマンだしさぁ。
会社に何を言ってもムダだよね。
マジになったり、熱くなったら負け&負け!!
無難にソツなくこオレって頭いいよねーー。」

or

「オレは納得できないことは、絶対に納得できないんだよ。
たとえ上司だろうと誰だろうと言うときは言うよ!
それが仕事でしょ?男ってもんでしょ?」

こんな2タイプですね。

この2タイプ、まったく違う人種です。
性格も価値観も全然違いすぎる。どう見ても。

 

でも、、
所詮は同じなんですよ。

「し ょ せ ん」 は。

何が同じかって??
少しだけ意識して観察してみればわかること。

 

 

それは、
『給料という名の首輪につながれた状態』
だから。

これがサラリーマンの本質なんですよ。
 

会社が全てをコントロールできる状態だってことです。

・あなたのお金
・あなたの時間
・あなたの誇り

これって何を意味するのか、あはたは考えたことあります??
 

 

◆ あっさり干される現状

そんなサラリーマンの本質が理解できていない僕は、
果敢(?)にもいろいろと本音をぶつけて
真剣に仕事をしていたわけです。

コレは明らかにサラリーマン失格タイプ。
 

そうやって働いていると当然理不尽な出来事がやってきます。

ある日のこと。
「ん?あれ?その仕事、オレが担当だけど・・」
「えぇ?こっちになったんスか??」

「干される?」
「左遷?」
「嫌がらせ?」

こんな感じでジワジワとした、攻撃が始まってきたわけですよ。

さすがにこれには焦ったね。
このままいくとリストラ?なんてことも頭をよぎってきたし。

 

 

こんな状況でも、根本的に僕の心の根っこの部分では、
「ポチ」になんてなりたくない。

でもね、生活がかかってくれば話は別!
になってしまうわけですよ。

当然リストラになんてなりたくないし、
実際にリストラになると困っちゃうし。
 

そうなると僕の心のなかで2つが激しく衝突して、
考えが揺れる動くように・・・。

 

 

どんなに自分の意志を貫こうと、結局サラリーマンじゃん?
社長だって雇われだろ?
みんな同じ葛藤を背負ってがんばっているわけだし、、ね。

『やっぱりここは大人な対応をしておくか・・』
と妥協せざるを得なくなってくる。

「損して得取れ」
そう考えられる自分は賢いんじゃん?
そうだ、そうやって納得しておこう!

 

「・・・でもねぇ、やっぱり納得いかん。」

と、頭の中で行ったり来たり。

「こんなことを考える僕って頭おかしんだろうか?
よくみんな平気なフリできるなぁ。」
と、また別の葛藤も生まれてくるわけで・・。
 

でも、あることがきっかけで、
『す べ て 解 決』
しました!

なるほど、なるほどー。
と100%納得できたので、今ではスッキリと
サラリーマンを続けているってわけです。

何が納得させてくれたのか?
それはまた次回で。

 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » 左遷