情報商材 | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

やっぱり情報教材はあやしい?

先日、久しぶりに大学時代の友人と飲んできました。

友人「最近仕事どぉ? オレ? いやぁ、マジで厳しいよ。」
相沢「忙しくて厳しい? 給料?」

友人「給料に決まってるだろ!?」
相沢「やっぱり(笑)。アフィリエイトって知ってる?」
友人「何ソレ????」

こんな会話をしていたんです。

ちなみにこの友人は、
大手企業に勤めるバリバリのサラリーマン。
休みもなかなか取れないのに、
給料が下がるってボヤいてましたね。
 

 

さて、この友人が意外とアフィリエイトに興味深々なので、

・アフィリエイトがサラリーマンの副業に適していること
・まず情報教材を購入して勉強して稼げるようになったこと
・その資金を利用して投資を始めて資金を膨らませていること

を話すとさらに興味津々に。

友人「で、その教材はいくらするの?」
相沢「1個、2〜3万円くらいだね。」

と言うと、

『詐欺だ!! オマエ騙されてるゾ!!』

って言い出しちゃいました。。

通常の書籍と比較するとかなり高額ですから
友人の気持ちもわかりますがね。

「クリックするだけで日給10万円」
とか、
「寝てても月収100万円。全自動キャッシュマシーン!」

みたいな感じの詐欺教材がまだまだ出まわっていますから、
しょうがないとは思います。

でも本当に優れた再現性の高い教材もたくさんあるのが
この世界のオモシロイところです。
 

 

この友人、マジメだけが取り柄のいい奴なんですが、
最近知らない人からメールが届く(スパムメール)
と言って若干ビビリ気味でした。

スパムメールなんて、毎日私のもとには数百通届きますが、
そんなの気にしないですよね。
そんな感じなんです。多くの人の感覚って。

でもよく考えると、ある意味この友人の感覚が正常だったりします(笑)。

ネット上で情報にお金を払うなんてとんでもないし、
そもそもアフィリリンクをクリックすることも抵抗がある

のです。

ということは、我々アフィリエイターは、
そういったユーザーの心理を理解して
アフィリエイトを展開していく必要があります。

しかも、ブログやメルマガを利用してネット上だけで
信用を勝ち取らなければならないのです。

この部分は忘れないようにしていきましょう。
自分がアフィリエイトを学んで知識が増えるほど、
一般ユーザーの心理からどんどんかけ離れていきますので。
 

 

ちなみにこの友人は、最後まで疑っていました。
なんとなくやっぱりあやしいと。
どこまでもマジメなイイ奴です。

 

情報商材は詐欺なのか?

アフィリエイトを中心としたネット副業に関心がある方あれば
聞いたことがあるであろう言葉。

それが、
「情報商材」
です。

その「情報商材」という言葉のイメージは
決して良くないと思います。

メディアの報道の影響もあり、

情報商材=詐欺

と思っている人が本当に多いです。

そのため、私の発信する情報内では
情報教材と表示しています。

その情報教材とはいったい何か?というと、

一般書籍には記載できないような具体的なノウハウや
テクニックを教えてくれるマニュアル

のことです。

たとえば、ブログアフィリエイトの情報教材であれば、
PDFや冊子を使ったマニュアルになっている商品や、
実際の作業手順がわかる音声解説・動画解説している
マニュアルなど様々な種類があります。

さらにテンプレートというブログを構成する
「型」がセットになっている場合も多いです。

また、販売者さんによるメールやスカイプなどの
サポート・コンサルティングがあったり、
セミナーや懇親会に参加できる権利があったりします。

一般書籍では絶対手に入らないような情報を買うこと。
これが情報教材を買う理由と言えます。
 

以上がメリットですが、デメリットもあります。

・購入するまで中身がわからない
・詐欺教材の場合がある
・一般的に書籍よりも高い場合が多い

このあたりがデメリットだと思います。
 

 

では、メリットとデメリットを理解した上で、

『情報商材は詐欺なのか?』

と聞かれた場合の私の答えは、

「詐欺商材もあるが、有料な情報教材はたくさんある!」

ということです。

たしかに情報商材の中には、
詐欺商材も世の中にたくさん出回っていますが、
本物の情報教材もたくさんあります。

良い情報教材があるからこそ、
ネット上で稼げるようになった人が続出していますし、
相沢も有料な情報教材で学んで実践したきたおかげで
今があります。

信頼できる販売者の商品や、
信頼できるアフィリエイターから購入すれば
詐欺商材に出会うようなことはないですね。

 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » 情報商材