転職 | アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会

誰のために働いているのか

誰のために働いているのか。
何のために働いているのか。
この部分を考えずに働くことは、今の時代とても悲しい結末が・・。


前回までのお話はこちら。
http://www.5man-yen.com/ps50

 

◆ 信じるだけでよかった

僕は現在30歳代。
会社で言えば、中堅と呼ばれるポジションだ。
管理職手前という微妙なポジションを楽しんでいる(笑)。

 

この人に雇われて働くことで、給料を得るというサラリーマン。
以前は、本当に良かった。

・毎年昇給
・最低でも年2回のボーナス
・充実した福利厚生
・社員旅行などのイベント


安定的に毎年収入が増えていく。
だから僕の家もいろいろとモノが増えていった。

車も数年に一度新しくなるし、家電も次々と増えていった。

 

上司の言うことを忠実に守り、会社の指針に沿って、
毎日出社していれば良かった。
それだけで、毎年確実に生活が豊かになる時代だった。

 

でも、今は全く違った時代に変貌している。

毎年昇給なんてあり得ない。
それどころか、ボーナスカット、給与カットも当たり前。

 

さらには何年も何十年も忠誠を誓って務め上げた人ほど
あっさりリストラの対象になったりする。
ベテランの方が人経費が高くつくからね。

その人たった1人をリストラすれば、元気でモチベーションの高い
しかも安くて優秀な人材を3人は確保できてしまう。


つまり、上司や会社を信じているだけの
「盲目」状態じゃ生きてはいけない時代にとっくに
突入しているんだよね。

 

 

以前は、
「信じるに値するだけの価値提供が常に存在」
したわけだ。


一方現在は、
「信じる者は救われない」
悲しき時代。

 

 

◆ 信じる対象

日本のバブルが崩壊するまであれば、
「会社に一蓮托生でオッケー♪」だったわけだ。

でも今やどんなに豪華なオフィスを一等地にに構えている
一部上場企業と呼ばれる大企業に入ることができたとしても、
安心してその船に乗ってワンピースみたく大航海なんてできない。

その船が、
「タイタニック号」
である可能性が以前よりも急激に確立が高くなっているからね。

 

だから、僕は会社を信じることを一旦置いておいて、
自分を信じることにしてみた。
^^^^^^^^^^^^^^

 

自分を信じて自分のために働く。
実はこれほど有益で楽しいことは無かったりする。

リーマン業として、あれだけ面倒だった仕事も、
「この●●の部分を僕のブログに活かせば・・」
「この層にこういったアプローチはお金も無駄だな・・」
「オレだったら●●部長みたいな人の動かしかたはしないな・・」
なんてことが勝手に頭に浮かぶようになってくる。

 

時間を拘束されて、誇りを踏みにじられてきたリーマン業が、
「お金をもらいながら実験できる最高の環境」
に変貌してしまった。

こういった、自らの意識改革は、本当に大きい。


なぜなら、意識改革が僕に訪れていなければ、
今でもサラリーマンに絶望感を感じた毎日を送っていたはずだからね。

あなたは一体、誰のために働いているんだろうね?

 

 

(ここからは余談ですが、、)

ある日、僕の直属の上司がいろいろと語ってくれたことがありました。
とても熱かったし、真剣でしたから、僕も真剣に聞いていたんです。

 

その時出てきた一つの質問。

上司:「キミは何のために働いているのかね?」
相沢:「自己の成長のためです。」

(実はこの上司、「部下に夢や目標を持たせることがリーダーシップ
において重要だ!」っていう幹部研修を受けたばかり。)

そのことを知っていた僕は、上司の期待する答えを
目の前に提示して差し上げた(爆)。

 


上司:「うむ。私もそうなんだ。日々仕事を通して
学ばせてもらっている。」

相沢:「はぁ。そうでしたか。」

 

 

この次の言葉が衝撃的。というか思わずツッコミそうになった。

上司:「学びのために働いているんだ。お金が目的じゃない。」

相沢:「(ウソつけ!コノヤローと思いつつ)・・なるほど。。」

 

この上司、いつもこんなことを口にしている。
「あー給料あがんねーかな。住宅ローンキツイんだよね。
やっぱ普段乗らない車なんて売ろうかな・・。」

ね、パロってるでしょ!
僕の年収のほうが高いわけだから対応に困る。。

 

 

またある日、今度は僕たちの会社のOBに出会ったことがあったわけです。

相沢:「引退されて自由な時間がたっぷりあって、羨ましいですね!」

OB:「実際はそんな事無いですよ。24時間も自由な時間が
あってもね・・。働いていたほうがラクですよ。」

相沢:「はぁ。そんなモンですか。」

 

 

ね。
働く目的を誤っていたり、あやふやだったりすると
こんな悲惨なことになっちゃうわけでして。。

ハナシが合わない人たちだらけの毎日(汗)が続いております、はい。

 

 

僕の脳が衰えていく・・

働けば働くほど頭が老化していくような感覚。。
あなたもそんな感覚味わったことないですか?

前回までのお話はこちら。
⇒ http://www.5man-yen.com/ps50

 

◆ 勤勉な日本人

数年前にふと英語を勉強し始めた結果・・

今では海外旅行したときに困らないくらいのレベルにまでは
一気に上達できた。
 

渋谷で洋服を見ている時、
アメリカ人と思う男性とぶつかってしまった時も、

米人男性:「I'm sorry!」
相沢:「Oh,No Problem!」

とっさに出てくるくらい、以前も僕とは大違い(笑)。
 

 

そのおかげで、外国人の友人も一気に増えた。
イギリス人・アメリカ人・カナダ人・フィリピン人・インド人・
中国人・香港人などなど、英語でコミュニケーションが取れる人なら
すぐに仲良くなれるようになった。
 

外国人と話をしていると、いつも質問されるのが、
「日本人の勤勉さ」について。

とにかく日本人はよく働く。
もちろん僕もそうだ。
朝9時から12時間以上も会社に拘束されているわけだから。

これって、外国人から見たら「異常な光景」でしかない。
毎日残業は当たり前、休日出勤もあったりする。
この状況をみんな黙って受け入れて働いている。。
 

「仕事・食事・睡眠」
これだけで24時間なんてあっという間に過ぎ去っていく。

自分の時間なんて全然ない。
自分の時間がないから全く頭を使わなくなる。
 

 

あなた:「馬鹿なことをいうな!毎日忙しいんだ!
頭だってしっかり使っているよ!!」

そういう人ほど、実際に頭を使っていない。
 

だって、サラリーマンの仕事って、
そもそも誰にでもできるようにできているわけだから。
特殊な仕事も存在するけど、そんなのごく一部。

ほとんどはルーチンワーク+α程度が現状だってことは
あなたが1番よく知っている。

 

◆ 勤勉になるべくして育ってきた

僕の父は、バリバリのサラリーマンだ。
会社を興そうとか、投資で収入を増やそうとか
全く考えたこともない、そんな父だ。

衣食住に困ること無く僕を育ててくれた。
もちろん、心から感謝している。

毎朝会社に出勤し、夜帰ってくる。
父が稼いできた給料で家族が生活をする・・・。

その姿を見て育ったので、サラリーマンになることが
自然なことだと勝手に思っていたわけだ。
 

典型的な、「勉強しなさい!」
と口酸っぱく言うタイプではなくて、
わりと自由に何でも選ばせてくれる親だったので
のびのびと育っていった。
 

 

でも、親がサラリーマンであるってことは、
当然その周りもサラリーマン。
いつしか自然とこう考えるようになっていた。

 

学校で良い成績を取る
 ↓
良い大学に入る
 ↓
安定した福利厚生の充実した大企業に入る
 ↓
退職金・老後の生活保障

典型的な
【安定・安心コース】
だね。
 

育った周りからの環境が1番の理由だろうけど、
この思考パターンはどこからきたのだろう?

思い出そうとしても思い出せないくらい、
自然と僕の頭にインプットされている。
おそらく親やその周りの人達と、あとは学校の先生の影響が
根本的な理由だろう。
 

そりゃそうだ。幼少期に毎日接する人全員が
自力でお金を稼いだことがない人達(サラリーマン)だからね。
 

やがて実際に僕がサラリーマンなると、
問題点を感じるようになってしまう。

この思考パターンの問題は、
「考える力自体を奪われる」
ってこと。

コレ、気付かないレベルで起こっているので「オソロシイ」。
 

 

◆ これだけ失われている

学校で良い成績を取る
 ↓
良い大学に入る
 ↓
安定した大企業に入る
 ↓
退職金・老後の生活保障
 

この「成功レール」の恐ろしいところは
途中下車が用意されていないことだ。

こんな事が頭から抜け落ちて、失われている。(無意識レベルで)

 

【例えば給料】
一度この電車に乗ってしまうと、容易に降りることはできない。
降りてしまうと、一気に収入ゼロになっちゃうからね。

完全成果報酬型の営業職でもない限り、
自らの努力で収入を増やすことも難しい。

にも関わらず、当初約束(?)されていただけの
インカムゲイン(収入)は、あっさり反故にされる。

収入は減っても、支払いは待ってくれない。
住宅ローン・自動車ローン・生命保険料・子供の教育費・生活費。
普通に生活しているだけで、給料なんてすぐに無くなってしまう。
 

 
じゃ、もしあなたがサラリーマンじゃなかったらどうなる?

→サラリーマンじゃないということは、ビジネスからの収入がある
ということ。ゼロになるリスクの反面、上限は無限だ!
さらに一度軌道に載せてしまえば、人に任せることができるので
時間的余裕が生まれるのに収入は増えるという、
サラリーマンには絶対にあり得ない反比例現象が起こる。

 

 

【例えば税金】
毎月僕たちの汗と涙の結晶が橋梁として銀行口座に振り込まれてくる。
サラリーマンにとって、毎月の楽しみだね。

でも、勝手に引かれまくっている金額の多さを見てガッカリする。
これが世界トップクラスに高い税金だ。

つまり、サラリーマンは自分が稼いで受け取れるはずの
給料の全額を一度も見ることも手にすることもなく生きている。

 

本来税金は納めるものだけど、サラリーマンは
「勝手に徴収」されているからね。

平均年収400万円の人だと、手元に残るお金って、
300万円もないよね。。

 

じゃ、もしあなたがサラリーマンじゃなかったらどうなる?

→ビジネスを持っていれば、経費が使えるわけだ。つまり稼いだ
「全額手元に入手」した後、経費を差っ引いた残りに対して課税がされる。まず差っ引かれるサラリーマンとは大違い。。
さらには余剰金を投資をすることで、税金を合法的に少なくしたり
ゼロにしたり。。
 

どうだろう?
たった2つを例に挙げてみたけど、あなたの脳は、
かつての僕の脳みたいに衰えている?
それとも衰えていない??

 

アフィリエイトでサラリーマン下剋上の会 TOP » 転職